MENU

世の中の全ての物に賞味期限がある。

 

最近はそんなことを思うようになりました。

 

食べ物はもちろん。

 

使っているものだって劣化してしまいます。

 

だから物にだって消費期限だとか、この年までは使用できるけれど、それを過ぎたら点検してね

 

とか記載がありますよね。

 

それと同じで人の気持ちにも賞味期限があるように思うのです。

 

私は彼と遠距離をしています。

 

今年で5年目で、4月には同棲予定です。

 

嬉しくて幸せいっぱいだって思いますか?

 

私は4月まで寂しくて待てる自信がありません。

 

私にとっての遠距離恋愛の賞味期限が過ぎているのだと思います。

 

先日部屋が水漏れするというハプニングがありました。

 

初めてのことでパニックになりましたが、なんとか解決しました。

 

友人はみんな心配してラインをくれましたが、

 

彼は一切連絡がつかず、その話すら知りません。

 

些細なことなのに、どうして彼は私の些細なことでさえ知らないのだろう

 

と疑問に思ってしまったのです。

 

好きの賞味期限はまだ過ぎていないけれど、

 

遠距離恋愛の賞味期限は過ぎてしまった。

 

今後私はどうしたらいいのか分からない状態です。

 

彼に言っても「たかが2ヶ月じゃん。」と言われます。

 

私にとっては「されど2ヶ月」なのです。

 

この差を埋めることは果たしてできるのでしょうか!?